ニキビ跡にはフルーツ酸のケミカルピーリングが効く

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあります。思春期は成長期における男性ホルモンの過剰生成により、皮脂が多く出てニキビになります。大人ニキビは、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足や化粧品など生活習慣により新陳代謝のターンオーバーの崩れにより引き起こします。そして、ニキビには3種類あり、角栓により毛穴がふさがり皮脂の下でどんどん溜まりそれが盛り上がったものを白ニキビ、その皮脂が空気に触れて参加したのが黒ニキビ、皮脂を栄養源としてアクネ菌の繁殖により赤くなるのが赤ニキビです。この赤ニキビはニキビ跡になりやすいのです。それに悩んでいる方も少なくないでしょう。そのニキビ跡を治せるのが、ケミカルピーリングというものです。これは、フルーツ酸の一種であるグリコール酸などを塗り表皮の古く奈多角質を科学的に融解し、剥離除去し肌を生まれ変わらせる治療法です。毛穴の奥の汚れを溶かし毛穴を引きしめ、肌のターンオーバーを正常化するのです。これを何度か繰り返すうちに角質内のシミのが外へ排出されるためニキビ跡の色素沈着が徐々に薄くなっていくのです。又、ケミカルピーリングの殺菌効で表皮に増殖したニキビ菌を殺菌し、でこぼこ肌も改善するのです。肌に塗るフルーツ酸はその名の通りフルーツから摂れる成分で角質を柔らかくし、はがれやすくする働きがあり、古い角質がなくなると新しい肌細胞がどんどん作られるという事なのです。綺麗な肌になったら心もハッピーになれるはずです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニキビ跡の赤みケアの仕方

ニキビが出来ると、うっかり化膿させたり傷つけてしまうと治りが遅くなってしまうので、治るまで非常に気を使いますが、それでやっと治まったとしても、しばらくはニキビ跡の赤みが残ることがあります。
これは、二キビが出来た際に炎症をおこしたためで、場合によってはその刺激で周囲の皮膚にメラニン色素が作られたり酸性化して色素沈着を起こし、消えるまで長い時間を要すこともあります。
このためニキビが出来たときは出来るだけ炎症を抑えるようにすることが大切です。そのためには、例えば抗炎症効果のある成分が含まれた医療用クリーム、あるいはローションを塗る、またはティーツリーオイルなどの消炎効果のあるエッセンシャルオイルを塗布したり、また同じくその作用があるカモミールなどのハーブを使ったローションやオイル、クリームを使うことも効果的です。
さらに、コーヒーなどのカフェインが多く含まれた飲料や香辛料が多く含まれた食品などは、炎症を悪化させることがありますので、それらの摂取は出来るだけ避けるようにしたほうがいいでしょう。またアルコール飲料、さらに糖分と油脂が多く含まれた菓子類もできるだけ控えましょう。
さらに、抗炎症効果のある漢方薬を摂取したり、またビタミンCやBなどのお肌の生成に必要なビタミン類をいつもより多めに取り、そしてもちろんバランスのよい栄養をとることで、お肌の新陳代謝を活発化させて炎症部分が早く新しい細胞と入れ替わるようにするなどすると効果的です、

カテゴリー: 未分類 | コメントする

クレーターと呼ばれるニキビ跡は治療で改善できます

ニキビができたとき、そのまま治るまで待つことなく、すぐに潰してしまう人が多いです。
それは顔に異物が出てきたので、なくしてしまいたいという思いを行動にうつしてしまうからです。
しかし無理に圧力を加えたことで、それが肌への負担となり、場合によっては肌内部の組織まで傷つけてしまうこともあります。
そうすると肌が再生するという本来の働きさえ失われてしまうことになり、健康な肌ができなくなってしまい、結果的にデコボコとした肌、いわゆるクレーターのようになる可能性も否定はできないのです。

その症状が酷ければ酷いほど、肌のターンオーバーを助ける効果のある化粧品だけでは改善することができなくなってしまいます。

こういう場合は、ニキビ跡の治療を行っている美容クリニックを利用して施術を受けるとよいです。
クリニックによっては様々なニキビ跡の治療法を用意していますので、自分の肌の状態に合ったものを選ぶようにします。
代表的な治療法では、表皮をはがし薬剤を使って肌内部まで働きかけることで、失われてしまってる肌の再生力を促してあげるという効果が期待できます。
そうすることで自力で美容成分を生成する能力を取り戻すことができ、細胞も生まれ変わって内側から健康な肌になることができるのです。

1度だけの治療で完全に治るというのは難しいですから、何度か治療を受けるために通うことにはなりますが、そうは言っても見た目的にあまりよくなかった肌のクレーターが少しずつ改善してきますので、とても効果的な方法だと言えます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニキビ跡の悩みにはパウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、ニキビ肌に悩んでいる人に最も適したファンデーションです。
リキッドタイプやコンシーラーを使うと、肌の凹凸をしっかり覆ってくれるため、滑らかな肌に見せることは出来ます。
ただし、見た目のカバー力を重視した製品が多いことから、肌にしっかり重ねた結果、皮脂が分泌されやすくなるなどの欠点もあります。
すると、時間の経過と共に汗で崩れ、朝には隠せていたニキビ跡が夕方には見えてきてしまう、という可能性もあります。
更に、分泌された皮脂や空気中のホコリがファンデーションの成分と混ざり合うと、汚れに変化し、肌に負担をかけてしまう原因となります。
すると、それが肌の再生を妨げてニキビ跡が治りにくくなったり、油分によってニキビが出来てしまったりします。
このように、しっかりカバーするタイプのファンデーションは、長く使っているほど、ニキビに負担をかけやすいといえます。
反対に、パウダーファンデーションは薄付きのものが多く、一見、ニキビを隠すには物足りないようでもあります。
しかし、皮脂を吸収してテカりを防止する・肌をふんわり覆うなどという特徴があるため、長い目で見れば肌への負担が少ないといえます。
そのため、長時間効果を持続するし、ニキビを増やしにくく肌の再生を妨げないため、ニキビ跡へのケアにも適しているというメリットがあります。
また、パウダーファンデーションは、肌への負担を懸念する利用者が多いことから、ニキビへのケアを重視した成分の含まれた製品が多いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

洗いすぎによるオイリー肌が招くニキビ跡

ニキビ跡のケア、また新しくニキビを作らないために、洗顔を丁寧にすることは大切です。
ただ、注意したいのが、洗顔というものは、すればするほどいいというわけではないということです。これは特にオイリー肌の人にありがちなことなのですが、ニキビができているとどうしても皮脂が過剰に分泌されることを気にして、洗顔を必要以上にやりすげてしまうことがあります。つまり、汚れや古くなった皮脂だけでなく、お肌に必要な最低限の油分まで洗い流してしまうということです。こうなると、今度はお肌の水分と皮脂のバランスを崩してしまい、乾燥肌になったり、あるいは逆にもっとオイリー肌になったりします。
これはどういうことかというと、まず、お肌はその水分を保持するために皮脂を分泌し、天然のクリームを作ります。ところが必要な皮脂を取りすぎて乾燥すると、お肌は油分が足りないことを察知して、いつも以上に皮脂を分泌しようとします。それにより、洗えば洗うほどオイリー肌になるという悪循環に陥ってしまいます。
このことに気付かず、どんどん洗いすぎればさらにお肌の皮脂の過剰分泌は続き、肌の表面は油っぽいのに肌の内側は乾燥しているというたいへんやっかいな状態になってしまうことがあります。そして、そのためにさらにニキビを作り、ニキビ跡に悩まされたりします。そんな状態にならないために、まず洗顔をやりすぎないことと、そして保湿をしっかりすることで、過剰な皮脂が分泌されないようにしていき、お肌が持つ本来のバランスと機能を取り戻していくことが必要です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

エアコンなどによる乾燥肌とニキビ跡

ニキビの原因は皮脂が多いことをまず筆頭に考えられることが多いです。このため、皮脂の分泌をできるだけ防ぐために汗をかかないよう、エアコンなどで暑さを調整することでニキビ予防と考える人もいますが、じつはこの皮脂過剰は、場合によっては肌の乾燥が原因であることがあります。
皮脂はもともと、肌の水分を保持するため油分の膜を作って肌を保護することが目的で分泌されるものです。ところが、もしエアコンなどに当たりすぎて乾燥肌状態になってしまった場合、肌を保護しようとして皮脂が分泌されます。そしてその皮脂が毛穴からスムーズに出られずに皮脂腺中につまってしまったり、また乾燥によって硬くなってしまった角質による毛穴が開かない、あるいは空気中のゴミやメイクが毛穴をふさいでしまっている場合などにニキビとなってしまいます。
またその後に残ったニキビ跡ですが、これもやはり乾燥していると、肌のターンオーバーがスムーズに行われず、消えにくくなることがあります。
ですので、ニキビの予防およびニキビ跡のケアのためには、保湿をしっかりして水分をしっかり確保し、乾燥させないようにすることが大切です。またエアコンの風は、空気中に小さなゴミやホコリを撒き散らすことにもなり、それが毛穴をふさいでニキビを作ることもありえますので、なおのこと注意が必要です。さらに冷やしすぎで血行不良状態になると、新陳代謝を滞らせてターンオーバーのサイクルの乱れの原因になることもあります。適度な温度管理は必要ですが、くれぐれも過度にならないよう気をつけましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

化粧水だけで済ますのは、ニキビ跡の間違ったケア

ニキビ跡を治すのには様々な方法がありますが、逆にニキビ跡を悪化させ治りづらくさせている間違った方法については、あまり知らない人が多いのではないでしょうか。ニキビ跡を悪化させている間違ったケアのなかで最も多いのが化粧水だけというケアです。洗顔後に化粧水をつけるという行為自体は悪いことではありません。化粧水をつけて肌に潤いを与えることは、とても重要です。ただ、注意してほしいのは化粧水はあくまでも洗顔後の第一ステップにしかすぎません。本当にニキビの跡を消したいと思うのならば、その次の第二ステップとして美容液で肌を整える必要があります。美容液をつけることによって、化粧水だけでは補うことができない潤いを与えることができます。そしてプルプルとした肌触りへと導いてくれます。最後に第三ステップとして保湿クリームで肌に蓋をしてあげます。美容液によって潤いを与えても、時間が経てばすぐに潤いが逃げてしまいます。それを防いでくれるのが保湿クリームです。保湿クリームは潤いを閉じ込める蓋の役目をしてくれます。ニキビによって残ってしまった跡は、乾燥によってカサカサになりボコボコとしてしまいます。これらの状態を改善させ本来の美しい肌にさせるためには、やはり肌に潤いをもたらし、しっかりと保湿をしてあげることがとても大事なのです。やはり化粧水だけでは跡を取り除く方法として、不十分です。しっかりとした保湿をし、乾燥を防いであげるのが最も適したケアです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニキビ跡を治したいなら食べなさすぎの食生活も改善しよう

ニキビ跡を治したいなら食生活が大切です。肌は食べるもので作られますから食べ物は大切になります。脂っこいものを食べない、スナック類を避ける、甘いジュースを避ける、などのことはもちろん、野菜を食べるなど肌にとって良い物を摂取することも大切になります。美容に興味のある方は、ダイエットなどにも積極的です。食べないことも大切ですが、食べなさすぎになってしまうのも問題があります。食生活はバランスが大切です。ダイエットのためにカロリーをカットしたいのは分かりますが、栄養までカットしないように注意しましょう。もちろん、栄養が大切といっても食べ過ぎはいけません。摂取した食べ物はその日のうちに消費することが大切になります。総量はほどほどに、また、食事の時間にも注意しましょう。運動して消費するのもよいですが、摂取した食べ物の消費を促すための栄養素というものがあります。そういった栄養も積極的にとるようにすることで、体内で栄養を上手に使うことができます。特にビタミンB群は大切になります。ビタミンB1は、穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類などに多く含まれています。ビタミンB2は、レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類などに多く含まれます。ビタミンB6は、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉など、ビタミンB12は魚介類やレバーなどに多く含まれています。ビタミンB群がたくさん含まれている食品も上手に利用して、ニキビ跡の改善に役立てるとよいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

L-システインを含むサプリメントとニキビ跡の改善

L-システインと聞いて、真っ先に「シミやそばかすの改善」を
思い浮かべる方も多いかと思います。
まさにその通りで、代表的な効果として、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を
抑える働きを挙げることができます。
また、できてしまったシミを薄くする効果も期待できることから、
ニキビ跡の改善も望めます。

L-システインを含むサプリメントは、最近はドラッグストアなどで
多く見かけるようになりました。
しかし、多くは医薬品として販売されています。
当然のことながら医薬品のほうが成分含有量は多く、高濃度となります。
サプリメントはあくまで食品扱いのため、医薬品として販売されている商品に比べると
成分含有量は少なくなります。
そのため、ニキビ跡の改善を目的としてサプリメントを摂取する場合は、
長期間、定期的に服用することが必要となってきます。

L-システインには、皮膚コラーゲンの生成を助け、うるおいと弾力のある肌を保つ働きもあります。
さらに肝機能をアップさせる効果もあり、デトックス(解毒)効果が期待できます。
それにより肌を体内から美しくしてくれる効果も期待できるので、ニキビ跡を薄くすることはもちろん、
ニキビができるのを防いでくれる働きもあります。
このように、女性にとってはうれしい効果が多く期待できる成分なのです。

医薬品とは違い、即効性は期待できませんが、じっくり時間をかけて気長に摂取することで
お肌の悩みから解放されることでしょう。
お肌の悩みが気になる皆さん、ぜひ試してみる価値はありますよ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニキビ跡のケアのクリニック選びには通いやすさも大切です

ニキビ跡のケアをクリニックで受けるときには、通いやすさも大切です。クリニック選びをするときには、通いやすさも考慮に入れて選ぶとよいです。ニキビ跡の治療を受けるのであれば、ある程度の時間はかかります。一回行って終了ということはまずないので、クリニックを選ぶときに利用しやすい立地であることなどを考慮に入れておくとよいです。診療時間や休診の日なども考慮に入れて、キチンと通い続けることができるクリニックを選びましょう。それでないとせっかく治療を受けることに決めたのに、忙しくて都合がつかず、タイミングのよい治療を受けることができなかったり、継続するのが難しくなったりします。安心して治療を受けられるクリニックを選ぶためには利用しやすいところを選ぶことも大切なことです。評判がよくて信頼できるドクターのいるクリニックで、利用のしやすいところを選ぶとよいです。通いやすいクリニックを選ぶことで、ちょっとした不調が出たときにも利用しやすくなります。肌の状態が悪ければ、すぐには改善しません。体質的なこともありますので、ストレスなどで新しいニキビが出てきてしまうことも考えられます。せっかくニキビ跡の治療を受けているのに、新しいニキビがまた跡になってしまえば、また大変な治療を一から始めなくてはいけなくなります。せっかくクリニックを利用しているのであれば、ニキビや湿疹など新しいトラブルの対応も含めて診てもらうとよいです。

オススメ!→ニキビ跡研究室

カテゴリー: 未分類 | コメントする