ニキビ跡のケアのクリニック選びには通いやすさも大切です

ニキビ跡のケアをクリニックで受けるときには、通いやすさも大切です。クリニック選びをするときには、通いやすさも考慮に入れて選ぶとよいです。ニキビ跡の治療を受けるのであれば、ある程度の時間はかかります。一回行って終了ということはまずないので、クリニックを選ぶときに利用しやすい立地であることなどを考慮に入れておくとよいです。診療時間や休診の日なども考慮に入れて、キチンと通い続けることができるクリニックを選びましょう。それでないとせっかく治療を受けることに決めたのに、忙しくて都合がつかず、タイミングのよい治療を受けることができなかったり、継続するのが難しくなったりします。安心して治療を受けられるクリニックを選ぶためには利用しやすいところを選ぶことも大切なことです。評判がよくて信頼できるドクターのいるクリニックで、利用のしやすいところを選ぶとよいです。通いやすいクリニックを選ぶことで、ちょっとした不調が出たときにも利用しやすくなります。肌の状態が悪ければ、すぐには改善しません。体質的なこともありますので、ストレスなどで新しいニキビが出てきてしまうことも考えられます。せっかくニキビ跡の治療を受けているのに、新しいニキビがまた跡になってしまえば、また大変な治療を一から始めなくてはいけなくなります。せっかくクリニックを利用しているのであれば、ニキビや湿疹など新しいトラブルの対応も含めて診てもらうとよいです。

オススメ!→大人のにきびについて

ニキビ跡にはフルーツ酸のケミカルピーリングが効く

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあります。思春期は成長期における男性ホルモンの過剰生成により、皮脂が多く出てニキビになります。大人ニキビは、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足や化粧品など生活習慣により新陳代謝のターンオーバーの崩れにより引き起こします。そして、ニキビには3種類あり、角栓により毛穴がふさがり皮脂の下でどんどん溜まりそれが盛り上がったものを白ニキビ、その皮脂が空気に触れて参加したのが黒ニキビ、皮脂を栄養源としてアクネ菌の繁殖により赤くなるのが赤ニキビです。この赤ニキビはニキビ跡になりやすいのです。それに悩んでいる方も少なくないでしょう。そのニキビ跡を治せるのが、ケミカルピーリングというものです。これは、フルーツ酸の一種であるグリコール酸などを塗り表皮の古く奈多角質を科学的に融解し、剥離除去し肌を生まれ変わらせる治療法です。毛穴の奥の汚れを溶かし毛穴を引きしめ、肌のターンオーバーを正常化するのです。これを何度か繰り返すうちに角質内のシミのが外へ排出されるためニキビ跡の色素沈着が徐々に薄くなっていくのです。又、ケミカルピーリングの殺菌効で表皮に増殖したニキビ菌を殺菌し、でこぼこ肌も改善するのです。肌に塗るフルーツ酸はその名の通りフルーツから摂れる成分で角質を柔らかくし、はがれやすくする働きがあり、古い角質がなくなると新しい肌細胞がどんどん作られるという事なのです。綺麗な肌になったら心もハッピーになれるはずです。

ニキビ跡の赤みケアの仕方

ニキビが出来ると、うっかり化膿させたり傷つけてしまうと治りが遅くなってしまうので、治るまで非常に気を使いますが、それでやっと治まったとしても、しばらくはニキビ跡の赤みが残ることがあります。
これは、二キビが出来た際に炎症をおこしたためで、場合によってはその刺激で周囲の皮膚にメラニン色素が作られたり酸性化して色素沈着を起こし、消えるまで長い時間を要すこともあります。
このためニキビが出来たときは出来るだけ炎症を抑えるようにすることが大切です。そのためには、例えば抗炎症効果のある成分が含まれた医療用クリーム、あるいはローションを塗る、またはティーツリーオイルなどの消炎効果のあるエッセンシャルオイルを塗布したり、また同じくその作用があるカモミールなどのハーブを使ったローションやオイル、クリームを使うことも効果的です。
さらに、コーヒーなどのカフェインが多く含まれた飲料や香辛料が多く含まれた食品などは、炎症を悪化させることがありますので、それらの摂取は出来るだけ避けるようにしたほうがいいでしょう。またアルコール飲料、さらに糖分と油脂が多く含まれた菓子類もできるだけ控えましょう。
さらに、抗炎症効果のある漢方薬を摂取したり、またビタミンCやBなどのお肌の生成に必要なビタミン類をいつもより多めに取り、そしてもちろんバランスのよい栄養をとることで、お肌の新陳代謝を活発化させて炎症部分が早く新しい細胞と入れ替わるようにするなどすると効果的です、